Go!Go!ディズニーリゾート「日帰りで楽しもうよ!」

並ぶのがニガテな管理人が、ディズニーリゾート内ですぐに役立つ情報をお届けします!

グランドサーキット・レースウェイを本気で走る?カラフルなマシンがカッコいい!

      2017/05/15

 

グランドサーキットレースウェイ1
グランドサーキット・レースウェイは、2017年1月11日をもって34年の歴史に幕を閉じました
過去記事としてお読みください。
 
 
こんにちは!

ディズニーランドのこの車に乗ると、すごく運転が下手になった気分になる管理人です。
(普段も上手とは言えませんが…)

その車とは…グランドサーキット・レースウェイのレーシングカーです!

このレーシングカーを本気で運転したら‥なんておかしなことを考えながらいつも乗っていますよ!
 




 

誰でも楽しめるゴーカート系アトラクション

グランドサーキットレースウェイ地図

 

グランドサーキット・レースウェイと言えば、”トゥモローランド”にあるゴーカート系のアトラクション。

コースに敷かれたレールの上を走るので安心安全。誰でも気軽に楽しめます。

ディズニーランドのアトラクションの中でも比較的空いているし、なにより自分で操作できるということで、わたし大好きなんです!

当然、運転免許は必要ないのでお子さんには特に人気ありますよね!

 

以外にキビシイ身長制限

さぁ、それではさっそく乗ってみましょう。

おっといきなり身長のチェック。
「1人で乗るには7才以上で身長132cm以上」必要なんですね。
身長132cm未満では保護者の方が同乗して下さい。

実はこの身長制限、ディズニーランドのアトラクション内で最も厳しい基準なんですよ。
(ちなみにスペース・マウンテンは102cm以上)

乗車定員は「大人2名」、同乗者に未就園児が含まれる場合は「未就園児2名、大人1名」でもOK。
小さなお子さま連れの方は、前もって相談しておくのがいいですね。

さらに進むと‥激しい音とともにカラフルなレーシングカーが見えてきました!
ワクワクしてきますね。

赤、青、水色、黄色、黄緑、白の合計6種類のカラフルなレーシングカー。
何色が乗れるのかはお楽しみということで‥

 

低い乗車姿勢

車体をまたぐように乗り込みます。
シートは結構低いんですね。しかしこの低さが意外な楽しさにつながります。

車に乗り込み準備が整うと、キャストさんの『レッツ・ゴー!』の掛け声とともにスタート!

キャストさんのこのパフォーマンスが好きなんです!
時々ビックリするような大きな掛け声だったり、驚くようなパフォーマンスをする方、いますよね!

映像に残したいのですがガマンガマン。

そして走り出すと、思ったより重いハンドルとアクセルに戸惑います。そして車のスピードはのんびり‥
でもこれが意外と楽しいんですね~

どうもこれは車体の低さが関係しているように感じます。
地面に近いからスピードを感じさせる錯覚におちているみたい。

走り出すとスピードは遅いし、しょっちゅうレールにあたるし、私運転ヘタ?なんて恥ずかしくなるときもありますがなぜか行くたびに乗ってしまいます。

前の車に近づくと自動ブレーキがかかりますから、先へ先へと進むより迷惑にならない程度にゆっくりと走るのがいいのかもしれませんね。

 

観戦スポットもあります!

アトラクション入り口の右にある階段を昇れば観戦スポットも用意されています。

ここは自由に入れるので、お子さまたちの雄姿を写真に収めたいお父さんお母さんにおすすめ!

ただし見通しの悪いところもあるので、よーく見ていないとシャッターチャンスを逃してしまうこともあるので注意が必要です。

 

まとめて

単純なのに(失礼)なぜか魅力のあるグランドサーキット・レースウェイ。

私もついつい足が向いてしまいます。

自分も楽しいのですが、うれしそうに待っている子供たちの笑顔を見るのも好き。
そんなほのぼのとした感じもあるアトラクションだと感じています。

実際乗るにしても、比較的に待ち時間が短いアトラクションなので、”ちょっと時間が空いたな”なんて時でも利用しやすいのが魅力。
平均して20~30分待ちくらいでしょうか。
混雑日は45分以上のスタンバイもありますが、極端に変わることはないので時間の読めるアトラクションのひとつだと思います。

夜も運転できますので、雰囲気の変わったコースを楽しむのもおすすめですよ!




☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです。
ⓒDisney


ディズニーリゾート ブログランキングへ

 - アトラクション, ディズニーランド グランドサーキット・レースウェイ, ゴーカート, 屋外, 空いてるアトラクション