Go!Go!ディズニーリゾート「日帰りで楽しもうよ!」

並ぶのがニガテな管理人が、ディズニーリゾート内ですぐに役立つ情報をお届けします!

ウエスタンリバー鉄道に乗って西部開拓者気分を味わってみない?

      2017/05/15

 

ウエスタンリバー鉄道

 

こんにちは!
いつでも混雑している東京ディズニーランドでも、のんびりできる時間が大好きな管理人です。

たくさんのアトラクションがあるディズニーランド。
その中でものんびりとしていて、比較的いつでも空いている『ウエスタンリバー鉄道』。

少々混雑していても、30分くらいの待ち時間で済むのがいいですね!

今日はカラフルな車体も見どころな、ウエスタンリバー鉄道のお話です。

 




 

本物の蒸気機関車

アドベンチャーランド、ジャングルクルーズのすぐ上に乗り場があります。
これにも理由があり、ウエスタンリバー鉄道とジャングルクルーズは
同じ会社が経営しているという設定だからなんだそうです。

 

ウエスタンリバー鉄道地図

 

ウエスタンリバー鉄道は、アドベンチャーランドを出発。
クリッターカントリー、ウエスタンランドを経由しアドベンチャーランドに戻ってきます。

見た目そのまま、本物の蒸気機関車であるところが見どころの一つでしょう。
出発前にキャスト?の方が何やら補充しているのを見たことありませんか?

あれは水なんですって。
一回の走行で大量の水が必要なんだとか…

 

蒸気機関車は合計4両

機関車にはそれぞれ、アメリカを流れる川の名前がついています。
「ミシシッピ号」、「リオ・グランデ号」、「ミズーリ号」、「コロラド号」

私、赤いボディのコロラド号ばかり乗っている気がします。

 

ウエスタンリバー鉄道コロラド号

 

のんびりと機関車は進みます

さてそれでは出発です!

のんびり具合がいいですね~
車内アナウンスも、味があるというかのんびりとした感じで大好きです。

白い煙を吐きながら機関車は進みます。

今は使われていないのでしょうか?降りて見学してみたい古そうな駅や、ジャングルに住む住民や動物たち。

火事になってしまった開拓者の家がありますが、あれはどんな仕組みで燃えているようにみえるのでしょうか?不思議です。

昔のアメリカ開拓時代ってこんな感じだったのかなーなんて思いをはせながら、やがて機関車は暗闇に。

ここは「太古の世界」。恐竜が住む大昔へタイムスリップします。

暗闇の中に現れる大きな恐竜たちに目が奪われますが一つ注意が!
ほぼ真っ暗になるので小さなお子さまはちょっと怖いかも?

 

まとめ

パーク内を大きく周遊するので蒸気船マークトゥエイン号に接近したり、
ビッグサンダーマウンテンの裏側?が見られたりするのも楽しい!

座席に座る際は、小さなお子さまを先に乗せてあげるのがいいですよ!
進行方向右側のほうがいろいろな風景を見ることができると思います。

さらに、運よく乗車順番が早かったなら家族連れの方には連結器のすぐ後ろの席が
おすすめ。
ここだけ対面座席になっていますので広々座れます。

いかがでしたでしょうか?
ぜひ皆さんも、ウエスタンリバー鉄道でのんびりとした時間を過ごしてみてください!




☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです。
ⓒDisney


ディズニーリゾート ブログランキングへ

 - アトラクション, ディズニーランド アドベンチャーランド, ウエスタンリバー鉄道, 空いてるアトラクション