Go!Go!ディズニーリゾート「日帰りで楽しもうよ!」

並ぶのがニガテな管理人が、ディズニーリゾート内ですぐに役立つ情報をお届けします!

カリブの海賊って待ち時間が短くていいよね!みどころはキャプテン・ジャック・スパロウ

      2017/05/13

 

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%96%e3%81%ae%e6%b5%b7%e8%b3%8a
カリブの海賊と言えば、アドベンチャーランドの人気アトラクションのひとつ。

わたし、ついつい最初に足を運んでしまうアトラクションなんです。

いつも空いているという印象があるからかもしれませんが、
「まずはこれに乗ってから!」
と思ってしまいます。

そんなカリブの海賊ですが、気づいた時にはキャプテン・ジャック・スパロウの姿が。

私の注意力不足のせいなのでしょうが、いつからいるんだろうと思い調べてみました‥




ジャック・スパロウの登場はリニューアル後

カリブの海賊は、2007年7月にリニューアル。

ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』はカリブの海賊が元になって制作されたのは有名ですね。

以降、映画の登場人物で大人気の『ジャック・スパロウ』や『バルボッサ』『デイヴィ・ジョーンズ』らが登場するようになったそうです。

 

ちなみにジャック・スパロウは3回登場します。
そのうち2回は船の右側、1回は左側に登場するので、キャプテン・スパロウを何度も見たい人は右側に座るるといいかも。

そして…2隻つながりの後ろの船に乗ることができたらこんなラッキーが!

アトラクションの最後に、ジャックがインコに語りかけているのですが、後ろの船に乗ることができたら真横に停止する可能性が高いので存分に見ることができます。

 

いつの間にかいた感の強いジャック・スパロウ(スミマセン)

以前のイメージを崩さず、自然な形でリニューアルする手法に頭が下がる思いです。

 

実はこだわりが凄かった!

「カリブの海賊」は、カリブ海沿岸で17世紀から19世紀にかけて暴れていた海賊たちがモデルとなったアトラクション。

ウォルトディズニー自身が設計に関わったものとしては、最後のアトラクションとしても有名。
残念ながら彼は完成を待たずにこの世を去ってしまったため、ウォルト遺作とも言えるアトラクション。

ディズニーランド開園当初からあるアトラクションとしても有名ですね。

そして当時、パークの総建設費の約10%が使われたアトラクションでもあります。

ランドの総建設費は約1,580億円となっていますが、このうちの約160億円!が、この建設費に充てられているというのですから驚きです。

 

そしてアトラクション出発後、すぐに急流を下りますがこれにも意味が。

実はこの急流、時間をさかのぼることを意味しているんだそうです。

 

宝の山、骸骨が並ぶ砂浜は海賊たちの末路を意味しています。

カリブの海賊では、海賊の悲しい結末を見ることからはじまります。

 

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%96%e3%81%ae%e6%b5%b7%e8%b3%8a2

 

と、かんたんにまとめてみました。

これら「本物の」カリブの海賊たちの歴史に思いをはせながら?乗るのもおもしろいかもしれません。

 

他にも、金塊の山の裾のほうに隠れミッキーがいたりとストーリーとは違った楽しみもありますよ。(わたしは見つけられていません‥)

比較的空いているアトラクションですから、複数回乗っている方も多いと思います。

新たな発見を探しながらの体験も楽しいかもしれませんね。

 

あ!最後に。

室内はまっくらですから、小さなお子さま連れの方はちょっと注意して下さいね!

大人が思っている以上に怖いようですよ。

泣き叫んでいる子もいましたので‥

 

☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事が気に入っていただけましたら、シェア・フォローしていただけると嬉しいです!
Disney


ディズニーリゾート ブログランキングへ

 




☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです。
ⓒDisney


ディズニーリゾート ブログランキングへ

 - アトラクション アドベンチャーランド, カリブの海賊, ジャック・スパロウ, 空いてるアトラクション