Go!Go!ディズニーリゾート「日帰りで楽しもうよ!」

並ぶのがニガテな管理人が、ディズニーリゾート内ですぐに役立つ情報をお届けします!

*

子供と一緒に楽しみませんか?チップとデールのツリーハウス

      2017/07/02

 

チップとデールのツリーハウス

ディズニーランドのアトラクションの中でも特に空いているアトラクション、
トゥーンタウンにある『チップとデールのツリーハウス』。

入口はミッキーの家の右どなり?ちょっと奥まったところにあります。

立派な樫の木を取り囲むような白い階段。そして可愛らしい屋根。
チップとデールが今にも飛び出してきそうな雰囲気満点です。

大人の姿はほとんどありません。遊んでいるのはキッズばかり。

そんな中、子供たちと一緒に樫の木を昇っていると恥ずかしくなる時がありますけど‥

木を登って降りてくるだけ、というとてもシンプルなアトラクションですが、けっこう見どころや、トリビアがあるんですよ!

今日はディズニーキャラクターの中でもファンの多いチップとデールのツリーハウスの隠れた魅力を紹介します!




ウォークスルータイプのアトラクション

チップとデールのツリーハウス、アトラクションと呼ぶにはちょっとおとなしすぎでしょうか?

どちらかというと、子供たちが遊ぶ公園の遊具みたいな感じですがなかなか楽しい。
一番上まで昇れば、トゥーンタウンが一望できるんですよ!
 
行列ができるような光景を見たことがない、いつでも空いているイメージ。
子供たちが大勢いるのを見ると微笑ましい気持ちになります。

実際、木の中のトンネルの階段を昇って降りてくるだけですから、大人よりも子供が楽しむために作られたアトラクションなのでしょうね。
 

木の中は狭く、上りの一方通行だったかな?
階段も急なので大人は身動きがとりづらい。

子供さんの中には、この急な階段を昇れず引き返してきたりすることもあるので、渋滞が発生することがあります。
 

こんなトリビアが‥

しかし、なぜこんな中途半端感があるアトラクションなのでしょうか?
実は、それには理由があります。

このアトラクション、完成当初は、滑り台があったんだそうです。

しかし、滑り台を逆に昇ったりする子供と滑り降りてくる子供との接触が起きたりしたため撤去されたとのこと。(私、滑り台の存在を知りませんでした…)

つまり現在の形は、『滑り台の階段だけが残っている』状態なんです。

そう聞くと、なんだかさびしい感じもしますね。
 

まとめて

階段だけしか残っていないとは言っても、見どころはたくさんあります。

よ~く観察すると、木の根元に小さな扉があったり、何かを作るのであろう機械が設置されていたり、と発見がたくさんあります。

混雑が当たり前のディズニーランドですが、のんびりと過ごすことができるアトラクションの一つとして楽しむのもいいのではないでしょうか?

みなさんも、ぜひチップとデールのツリーハウスを体験して下さいね。

関連ページ⇒『スイスファミリー・ツリーハウス』はフォトスポット満載!ディズニーランドいち見晴らしがいいよ!




☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです。
ⓒDisney


ディズニーリゾート ブログランキングへ

 - アトラクション チップとデールのツリーハウス, トゥーンタウン, 空いてるアトラクション